知っているようで知らない排便のあれこれ

排便 ~体のSOSを見落とすな~

Just another WordPress site

排便の匂いと色の原因は?


437225排便はどんな人でも毎日必ず行う日課のようなものであり、その原因である食事も毎日日課のように行います。そしてこれらの日課があるからこそ、人は生きていく事ができます。しかし食事に関して語ったりコラムを書いたりする人はいても、排便について真剣にコラムを書く人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、知っているようで知らない排便のあれこれについてお話していきたいと思います。まず、多くの人がわかっていながらどうする事もできない、排便する際の臭いについて何とかならないものかと思われる人も多くいるでしょう。では排便の臭いについてですが、そもそも

大便は人が食べてからおよそ24時間から30時間後に排泄されるものであり、その間ずっと内臓の中でゆっくりと消化されています。内臓の中の温度は平均37度くらい、湿度は90%以上の状態に保たれています
なので、その中で食べ物が1日から1日半も滞留すれば確実に腐りますし異臭もします。真夏の台所に常温でお肉やお魚を置いてあるような状態であり、そんな状態で食べ物が保存されていれば確実に腐敗し発行します。その状態になっているのが人の内臓なのです。つまり排便時の臭いの元は食べ物が長時間腸内に滞留し、完全に腐敗しきった状態に近くそれが直接的な臭いの原因となっています。一般的に大便はタンパク質を多く取った時ににおいがきつくなり、野菜を多く取った時はあまり臭わないと言われていますが、いくら野菜を食べても臭いものは臭いわけで、臭わない排便は経験したことのない人が殆どではないでしょうか。

 

387824

 

357554

 

 

 

 

 

こんな大便は危険なシグナル

330446398221
万が一、消化器系等に何等かの異常が起きているのであれば、その異常は確実に排便に反映されます。そして特に注目すべき個所は排便時の形状と色と臭いです。特に臭いは最初の危険信号として重要なポジションです。医師の間で良く言われている危険な大便のシグナルとして色があります。本来排便した際の形状とは茶褐色から黄土色が理想的といわれている中で、

もしこれが灰色だったような場合、形状として例えるのであれば石灰のような灰色の便は黄土色の色素がかかっていないことから、胆のうや肝臓が悪くなっている可能性があり、肝臓がんや胆のうがんの可能性が疑われます。
また臭いも重要でまるで卵の腐ったようなにおいのオナラが出るとか、それに近いようなにおいのする排便だった場合、大腸内の環境が非常に悪くなっている可能性があり、つまり悪玉菌が増殖し腸内の善玉細菌を食いつぶしている可能性があるのです。そうなったら大腸がんや大腸ポリープ、また小腸の潰瘍の可能性も考えられ、一度腸内検査をしてもらう必要があります。また赤ちゃんの排便も毎日チェックしないと危険な排便となっている場合があり、特に小さなお子さんは上手にお母さんに伝える事が出来なかったりする事から、親御さんが排便の状況をしっかりと確認し体調管理して上げる必要があります。特に赤ちゃんの白色排便と酸味のある臭いがする排便はウイルス性の病気の可能性が考えられますので注意が必要です。

398211

排便できない時に便意が来た

164596人の排便は一切コントロールすることはできません。また慢性的に下痢気味である人はいつ排便モードに入るかわかりませんし、それが絶対に排便できないシチュエーションでやってくる場合もあります。では排便できない場面でつい催してしまった時にはどうしたらいいのでしょうか。そんな時こそ薬を使います。排便する事が出来ない場面での排便はまさに絶体絶命の場面であり、一刻も早くその苦しみから解放される必要があります。そうしないと漏らしてしまう可能性があるからです。

とりあえず突然やってくるお腹の痛みや排便を止める薬として有効なのは、水無1錠で効く!のキャッチコピーで有名なストッパ下痢止めが有効です。
ストッパ下痢止めは主に生理中の女性向けの下痢止めと、男女兼用のもの、そして子供向けのストッパ下痢止めがあります。ストッパ下痢止めの特徴として、人の精神状態が極度の緊張状態になった時、脳から腸に向けてアセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質が放出されますが、実はこのアセチルコリンが出ると腸の蠕動運動異常に活発になり、排便が促されることがわかっています。そのためストッパを飲むことでこのアセチルコリンの分泌を抑制し、腸の異常な蠕動運動を阻害させる効果があるのがこの下痢止めの大きな特徴です。下痢の症状は絶対に人間の理性ではコントロールできない症状ですし、絶対に来てはいけない時にスイッチが入りますので、その痛みを効果的にコントロールするにはやはり薬を使う事もやむを得ないのです。302906432446

 

 

 

 

 

 

 

 

奥の方で詰まっている時の対策

イラスト縦便秘症の中でももっとも厄介なものの一つに、腸の奥のほうで固まっている便があり排便がスムースに行かない事があります。この腸の奥で固まっている便である場合、原因として腸の蠕動運動が停止している事で便が大腸へ送られない事で起きる症状であるため、まずは大腸の蠕動運動を促す対策が必要です。その最も効果的な方法が食べない事なのです。なぜ食べない事が腸の蠕動運動を促すうえで効果的なのかといいますと、食べると次から次へと食べ物が胃から小腸へ送られ、小腸の中で便の渋滞が発生します。そうすると余計に食べ物から水分や栄養が吸収されることになり、便は水分を失いカサカサになっていきます。それを抑制するため食べ物は食べず、

水分だけたっぷりと取っていくのです。そうすると小腸内の便が緩やかに軟便化することで腸の蠕動運動がやりやすくなってきます。これによって滞留していた便が徐々に大腸へ送られスッキリと排便出来るようになるのです。
奥のほうで便が滞留する原因として考えられる事は、やはり慢性的な野菜不足と運動不足、そして水分不足がありますのでこれらの不足を補う事でその殆どは解消しますが、中には排便時に必要な便を押し出す力、つまり腹筋が足りない事で起きる排便障害もありますので、腹筋の足りない人であれば野菜を取るという食生活の改善以前に、毎日適度な運動習慣と軽いストレッチを心掛ける事が必要かもしれません。124190

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー